HISTORY 城崎温泉 歴史年表

はるか太古のむかしより、温泉の郷として親しまれている「城崎温泉」。
現存する資料を基に作成した城崎の歴史の略年表をご紹介します。

10,000年前「黄沼前海(きぬさきうみ)」の誕生 
縄文時代スクモ塚遺跡(縄文式土器) 
弥生時代スクモ塚遺跡・飯谷峠(石斧) 
古墳時代小見塚古墳世紀後半
稲荷裏山古墳4~5世紀
楽々浦古墳群4~5世紀
大神塚古墳群6世紀
二見谷古墳群6世紀
スクモ古墳群6世紀
ケゴヤ古墳6世紀
飛鳥時代「鴻の湯」の伝説629~641年
奈良時代道智上人「まんだら湯」発見養老4年・720年
温泉寺開山 温泉寺本尊・十一面観音像(重文)天平10年・738年
「城崎温泉」歴史への登場神護景雲3年・769年
鎌倉時代藤原定家「明月記」7月2日の条 「木崎湯治」嘉禄2年・1226年
安嘉門院入湯 この湯を「御所の湯」という文永4年・1267年
南北朝時代越中次郎兵衛塚応安元年・1368年
室町時代極楽寺の創建応安年間・1394~1427年
戦国時代二眉城・上山城築城 
江戸時代沢庵和尚・極楽寺を再興寛永年間・1624~1643年
香川修徳「一本堂薬選」 「但州城崎新湯を最第一とす」享保19年・1734年
雲光寺・十二町石享和元年・1801年
柴野栗山「玄武洞」を命名文化4年・1807年
大師山八十八ヶ所札場開発文化10年・1813年
明治時代神武山を公園化(現在の東山公園)明治24年・1891年
城崎町誕生、湯島財産区設置明治28年・1895年
国鉄城崎まで開通明治42年・1909年
山陰線全通明治45年・1912年
大正時代志賀直哉来遊大正2年・1913年
志賀直哉「城の崎にて」を発表大正6年・1917年
北但大震災、全町壊滅大正14年・1925年
城崎スキー場開設大正15年・1926年
昭和時代大谿川河畔に柳を植樹昭和7年・1932年
温泉まつりがはじまる昭和9年・1934年
山陰海岸国定公園誕生昭和29年・1954年
新「城崎町」誕生、内川村と合併昭和30年・1955年
城崎大橋完成昭和31年・1956年
ロープウェイ完成昭和38年・1963年
山陰海岸国立公園に昇格昭和38年・1963年
平成時代出版レーベル「本と温泉」が立ち上がる平成25年・2013年
ミシュラン・グリーンガイド・ジャパンで2つ星獲得平成25年・2013年

戻る