あやめ香る城崎温泉。旬食材をいただきます。

【旬を楽しむ城崎温泉】6月

毎年6月上旬~下旬は、城崎温泉の町花である”あやめ”を各所で一斉に植栽する『あやめ月間』です。
この時期は、定置網や一本釣りで釣り上げるイサキやあかみずなどの磯魚やサザエなどが旬を迎えます。
夏の産卵期に向けて、脂をたっぷり蓄えた旬の魚たちが城崎温泉の近海で水揚げされるとっておきのシーズン。
城崎各店では、定番の”お造り”のほかにも”煮魚”や”焼き魚”と工夫を重ねてご提供。
それでは早速「6月の城崎温泉で味わえる旬の食材」をご紹介します。

美しく脂の乗った白身魚【イサキ】

イサキは白身の磯魚です。が、くさみが少なく、老若男女問わず皆に愛される美味しさ。
白身魚にしては脂分が多く、焼き魚として人気です。
またお造り、煮つけでもおすすめです。

旨味たっぷり高級魚【あかみず】

城崎温泉のある山陰では”あかみず”、関東では”アコウ”、九州では”アカアラ”と呼ばれるハタ科の仲間です。
こちらも白身魚ですが、旨味たっぷりの脂と甘みでお造りや煮魚に最適な素材。
あかみずはこの旬の時期に少数しか獲れないことで、特に関西では高級魚として取り扱われています。

あっさり上品な味わい【あご】

九州や城崎温泉含め日本海側では”あご”と呼ばれているトビウオ。
家庭でもよく使っているあごだしの”あご”ですね。
産卵のために日本海側に帰ってくる”あご”の光に集まる習性を利用し、夜に漁が行われます。
味は、あっさり上品な白身で、お刺身や焼き魚にピッタリです。

食感をお楽しみあれ【サザエ】

口いっぱいに広がる磯の香りとコリコリ食感を楽しめる旬の素材。
獲れたてのサザエのお造りや、なんと言っても定番つぼ焼きは絶品です。
その場で焼いてくれるお店もありますので、是非お楽しみください。

初夏を感じる【白いか(剣先イカ)】

煌々と光る漁火(いさりび)で水揚げされる白いか(剣先イカ)も活況を迎えます。
いよいよ夏の始まりを感じます。
透き通った美しい身は弾力があり、コリコリっとした食感が堪りません。
お造り・沖漬け・あぶりなどでご提供していますよ。

おすすめ宿泊プラン

 

6月の旬を味わうプランを探す

  • 日付から探す
  • 宿一覧から探す
ご宿泊人数:
2020年8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
2020年10月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2020年11月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2021年01月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031