きのさきおんせん観光協会公式サイトKINOSAKI Hotspring Official Web Site

城崎温泉

城崎温泉観光協会facebook page 城崎温泉観光協会ツイッター 検索

観光ガイド

昔話

古き時代より城崎には、数多く語り継がれている伝説と民話が残っています。
城崎に来られた際に伝説や民話を訪ねて散歩されてはどうでしょうか?

独鈷水

極楽寺の裏の墓地を通り過ぎると、涼しい岩かげから清水が湧き出ています。この清水を城崎の人は昔から「独鈷水」といっています。

独鈷とは、仏さまが手にしていらっしゃる金属製の仏具であって、きわめて大切なものです。なぜ、この清水を「独鈷水」というのでしょうか?

今から約1400年前、道智(どうち)上人様が奈良の都からこの地にやってこられました。「何とかして悪い病気で苦しんでいる人々を救いたい。そのために名湯を発見したい。」と祈願されましたところ、夢の中に白髪の老人が現れて、「上人よ、汝の求める温泉は、ここから西南にあるビランの木の下を掘るがよい」といわれ、姿を消されました。

上人はそのお告げを信じて、今のまんだら湯の場所に庵をむすび、八曼陀羅経(はちまんだらきょう)というありがたいお経をあげながら、一千日という永い年月温泉湧出を祈られました。満願の日、とうとう求める霊泉が得られました。これが、城崎温泉の浴槽を設けた初めであるといいます。

道智上人が、温泉湧出を祈って「行」を続けておられる時、お手にされている「独鈷」で、岩壁をつついて得られた清水なので、「独鈷水」といい、上人は庵で常々仏前にお供えになるお水にご使用になったのだそうです。

この「独鈷水」は真夏の日照り続きでも絶対にたえることなく、こんこんと湧き出る冷たい美しい水なので、昔の人々は「あぁ、独鈷水がいっぱい飲みたい」と病人が言い出したら死期が近いのだといい伝えていました。この水は山門をくぐった蹲い(つくばい)にひかれています。

道智上人と城崎温泉

時のみかど舒明天皇(629)の頃、けがをしたコウノトリにより発見されましたのが『城崎温泉』の起こりとされていますが(鴻の湯の由来)、その後、元正天皇の養老元(717)年、この地を訪れた道智上人が難病の人々を救う為に、当所鎮守四所明神に祈願を込め、明神の神託を得て一千日の間八曼陀羅を唱え、その祈願によって『城崎温泉』が開かれたとされています(まんだら湯の由来)。

城崎温泉が開かれたと同時代、大和国に稽文という仏師がおりました。長谷寺の観音と同木で今一体の観音を刻んだが、それがまだ未完の時に中風の病にかかったため、この像はそのまま長楽寺という寺に安置されました。

やがて疾病が流行し村人は観音の崇りと、その像を遠く難波浦まで運んで海中に投じ、それが津々浦々に漂い巡って現在の城崎町「観音浦」に漂着したのです。

丁度城崎温泉に湯治に来ていた稽文仏師は、観音浦にて自分が未完のまま残してきた観音像を偶然発見し、現在の弁天山に草堂を営んで祭り、それを道智上人に任せて都へ帰りました。

道智上人は伽藍建立の大願を発しその地を得ようと祈願を込めたところ、観音の眉間から光が出て遥か西方の大師山を照らしたので、この地に伽藍を建立して観音を安置して奉り、天平十年戍寅(738)時の聖武天皇から『末代山温泉寺』の勅号を賜ることとなったのです。

その後、至徳年中に清禅法印により西国三十三所観音霊場にならい但馬西国三十三所が開かれ、三十三番の札所と定められました。

城崎八景
300年前の城崎のガイドブック「但州湯島道中独案内」には、城崎八景とその歌が紹介されていました。この八景は今もなお美しい景観で、訪れる人々の心をひきつけてやみません。

湯杓
温泉寺で祈念された柄杓を持って入湯するのが昔の慣わしでした。
道智上人の尊い御手をかりて霊湯を浴び、諸病平癒を願ったものですが、昭和30年頃には姿を消してしまいました。
「先づ開山上人の宝号と観音薬師 御眞言を唱へ、厚き恵みを推し戴きて、二口、三口飲みたる後、浴するを習ひとなり居れ共、今時誰人も此の柄杓を用いるの深き由縁あることなど、辨へたるもの少し」(温泉寺記録より)

二見谷古墳群
北但馬一の規模の石室や但馬ではきわめて珍しい家形石棺をもつものがあり、畿内の政権との深い関係をうかがわせます。
二見谷をはじめ町内の主要な古墳は全て円山川河畔に並んでおり、付近に湾の地形が見られることから天然の良港や船着き場とも何か関連があるようです。
二見の無限水…古墳群から集落への小径を下りてゆくと「天恵」と記した水源があります。この清水は澄んで美味しく、涸れることがありません。
浮島弁天
楽々浦湾の一隅にある鳥居と松繁る小島。
大昔にはもっと陸地から離れており四方の眺望は絶佳、仙境の趣だったと伝わります。
弁才天をお祀りし洪水にも浸からないので「浮弁天」、水上に浮かんでいるように見えることから「浮島」と呼ばれます。
PC版へ